Loading...
ブログとストーリー

SpiderLabsブログ

年間50万人以上の読者を魅了しているブログがセキュリティ コミュニティの主要目的地になっているのは、最新の脅威の技術的な分析、重要な脆弱性に関する開示、最先端の研究が掲載されているからです。

マイクロソフトパッチ(Microsoft Patch Tuesday) 2017 年 8 月

8 月月例パッチは、 48 の CVE のセキュリティホールを対処した、比較的軽いものでした。 全体としては、”危険 (Critical)”と評価された 26 の CVE、”重要である(Important)”を評価され た 21 の CVE、”中位(Moderate)”と評価された 1 つの CVE です。 全体を通して、これら脆弱性セキュリティアップデートは、以下の対象ソフトウェア、サービスを 含みます。

  • Adobe Flash Player
  • Microsoft Windows
  • Microsoft Scripting Engine
  • Microsoft Edge Browser
  • Internet Explorer
  • Microsoft JET Database Engine
  • Windows Search
  • Windows Hyper-V

「危険」と評価された 26 個の CVE のうち 18 個が Microsoft Scripting Engine に影響を与え、リ モートでコードが実行される可能性があります。 これらの脆弱性は、通常、悪意のある Web サ イトを設定し、被害者に開かせるよう攻撃者によって悪用されます。 Scripting Engine で修正さ れた重大な脆弱性が着実に増加しています。 先月 12 のパッチを当て、4 月から振り返ると、 毎月約6つのパッチを当てています。 今月は 18 パッチが当てられ、この結果がエンジンの脆 弱性の増加や減少がどう影響を与えるのか注意して見ていきましょう。

通常の容疑者とは別に、危険な CVE の中には、他にも奇妙な点がいくつかあります。 1 つ は、アジア言語で見つかった文字セットをサポートするために通常使用される Windows IME (Input Method Editor)に影響します。

「危険(Critical)」リストにある、他の脆弱性としては、Windows システム上でネイティブの Linux コマンドラインツールを直接実行できる WSL(Windows Subsystem for Linux)、Microsoft などのソフトウェアで以前に使用されていた、古いデータベースエンジンである Microsoft JET デー タベースエンジン アクセスと、Visual Basic があります。

JET によってサポートされているカスタムアプリケーションまたはソフトウェアをいまだに使用し ているユーザーは、直ちに修正する必要があります。 

「重要(Important)」脆弱性のリストの中には、Office、Edge、Internet Explorer などの一般的に パッチされたソフトウェアが多数含まれています。 ただし、Microsoft SQL、Sharepoint、および Hyper-V の脆弱性もこのリストでカバーされているため、これらを無視しないでください。 

Critical CVEs

August 2017 Flash Update
ADV170010
Remote Code Execution

Internet Explorer Memory Corruption Vulnerability
CVE-2017-8651
Remote Code Execution

Microsoft Browser Memory Corruption Vulnerability
CVE-2017-8653
Remote Code Execution

Microsoft Edge Memory Corruption Vulnerability
CVE-2017-8661
Remote Code Execution

Microsoft JET Database Engine Remote Code Execution Vulnerability
CVE-2017-0250
Remote Code Execution

Scripting Engine Memory Corruption Vulnerability
CVE-2017-8634, CVE-2017-8635, CVE-2017-8636, CVE-2017-8638, CVE-2017-8639, CVE-2017-8640, CVE-2017-8641, CVE-2017-8645, CVE-2017-8646, CVE-2017-8647, CVE-2017-8655, CVE-2017-8656, CVE-2017-8657, CVE-2017-8669, CVE-2017-8670, CVE-2017-8671, CVE-2017-8672, CVE-2017-8674
Remote Code Execution

Windows IME Remote Code Execution Vulnerability
CVE-2017-8591
Remote Code Execution

Windows PDF Remote Code Execution Vulnerability
CVE-2017-0293
Remote Code Execution

Windows Search Remote Code Execution Vulnerability
CVE-2017-8620
Remote Code Execution

Windows Subsystem for Linux Elevation of Privilege Vulnerability
CVE-2017-8622
Elevation of Privilege

 

Important CVEs

Express Compressed Fonts Remote Code Execution Vulnerability
CVE-2017-8691
Remote Code Execution

Internet Explorer Security Feature Bypass Vulnerability
CVE-2017-8625
Security Feature Bypass

Microsoft Edge Elevation of Privilege Vulnerability
CVE-2017-8503, CVE-2017-8642
Elevation of Privilege

Microsoft Edge Information Disclosure Vulnerability
CVE-2017-8644, CVE-2017-8652, CVE-2017-8662
Information Disclosure

Microsoft Office SharePoint XSS Vulnerability
CVE-2017-8654
Spoofing

Microsoft SQL Server Analysis Services Information Disclosure Vulnerability
CVE-2017-8516
Information Disclosure

Scripting Engine Information Disclosure Vulnerability
CVE-2017-8659
Information Disclosure

Scripting Engine Security Feature Bypass Vulnerability
CVE-2017-8637
Security Feature Bypass

Volume Manager Extension Driver Information Disclosure Vulnerability
CVE-2017-8668
Information Disclosure

Win32k Elevation of Privilege Vulnerability
CVE-2017-8593
Elevation of Privilege

Win32k Information Disclosure Vulnerability
CVE-2017-8666
Information Disclosure

Windows CLFS Elevation of Privilege Vulnerability
CVE-2017-8624
Elevation of Privilege

Windows Error Reporting Elevation of Privilege Vulnerability
CVE-2017-8633
Elevation of Privilege

Windows Hyper-V Denial of Service Vulnerability
CVE-2017-8623
Denial of Service

Windows Hyper-V Remote Code Execution Vulnerability
CVE-2017-8664
Remote Code Execution

Windows NetBIOS Denial of Service Vulnerability
CVE-2017-0174
Denial of Service

Windows Remote Desktop Protocol Denial of Service Vulnerability
CVE-2017-8673
Denial of Service

Windows Subsystem for Linux Denial of Service Vulnerability
CVE-2017-8627
Denial of Service

 

Moderate CVEs

Microsoft Edge Security Feature Bypass Vulnerability
CVE-2017-8650
Security Feature Bypass