Loading...
MANAGED SECURITY

Trustwaveエンドポイント向けマネージドディテクション&レスポンス

人員、プロセス、テクノロジーを組み合わせることによって、エンドポイントを狙った高度な脅威を特定し、それに対応します。

販売担当者に連絡

サイバー犯罪と戦いデータを保護、リスクを軽減

サイバーセキュリティとマネージドセキュリティサービス


Research Report

2018 Trustwaveグローバルセキュリティレポート(日本語版)

2018年版Trustwaveグローバルセキュリティレポートはサイバーセキュリティへの脅威、攻撃、侵害をまとめた10年目の節目のレポートで、経営者、ITプロフェッショナル、セキュリティ専門家に必要な情報が 108ページにわたってまとめられています。サイバー犯罪者の内側を知ることで、ならず者の手法、ツール、嗜好を明らかにします。

資料ダウンロード

Trustwaveからの最新の更新

最新のセキュリティ統計とトレンド

  • APAC包囲網

    アジア太平洋地域のデータ漏えい件数は全体の35%を占めており、北米を30%を上回っています。

  • データベースの脆弱性

    最も一般的に利用されているデータベース製品の5つにパッチを当てられた脆弱性の数は148で、2017年の119から増加しました。

  • すべてのアプリの脆弱性

    2年連続で検証したWebアプリケーションの全てに少なくとも1つの脆弱性があり、平均値は2017年の11件から15件に増えました。

  • 熟練した人材不足の深刻化

    ITおよびセキュリティの専門家の51%が、自社の組織でサイバーセキュリティスキルが不足していると考えています。(2014年から23%上昇)

  • 一番の恐怖

    米国の最高経営責任者(CEO)は、競合他社と景気後退に先んじて、サイバーセキュリティを第一のビジネス上の懸念として位置付けています。

  • 264,483件

    2018年第2四半期中に報告されたフィッシングレポートの件数です。

さらに検索